怪獣ヒロンの「こんな私を笑って」

日々の記録を(ウェッブ広告と)写真と共にお届けします。


【スポンサーリンク】

https://www.instagram.com/p/BCNNysTvh7Q/


明日は台東区千束の高級サウナの日☆ミ


ということで、
指名嬢への差し入れを買いに
とある有名和菓子店まで行ってきた。


その店は職場の近くにある。


古くから続くお店だそうで、
門構えからも、それが感じられた。
店内は非常に狭く4~5人の
お客しか入れないほどだっけど、
取り扱っている品目が少ないので、


「○○を○個下さい。」


という具合でスムーズに会計まで進んだ。
差し入れとは別に自分用に1つ買い、
それを食べながら職場へ戻った。


◆◇◆◇◆


「とある店のとある和菓子って何だよ!」


そんなことを考える読者様が
いらっしゃるかもしれない。
これは僕と指名嬢だけの
秘密なんですよーー!!!

何もかもが明け透けの
インターネットという世界には
何ともいえない違和感を感じる。
また、身も蓋もないない文章を
目にすることにも切なさを感じる。


「テメーが言うな(笑)」


そんな幻聴が聞こえてきたけど、
僕はクスリやってません!!!!!


◆◇◆◇◆


さて、次の差し入れは何にしよう。


今日買ってきた和菓子を
渡してもいないのに次に渡す
差し入れのことを考えている。


(あの百貨店にあるあの店のあれにしよう。)


差し入れるのバラエティは
大大大好きだった元指名嬢を
指名していた時に大分考えた。


擬似恋愛でも何でもいい。
相手が喜ぶ顔が見たい。


青春時代に全うな恋愛をしていれば
こんな屈折した方法を取らなかったのだろうか。
今やもう、それを知る術もないし、知りたくもない。

広告を非表示にする
【スポンサーリンク】