怪獣ヒロンの「こんな私を笑って」

日々の記録を(ウェッブ広告と)写真と共にお届けします。


【スポンサーリンク】

放言

https://www.instagram.com/p/BB87uDfvh0L/


「デブ・ブサイクお断り」


という強気な貼り紙を店頭にしていた
夜のオネーちゃん向けのドレスショップ。
某沿線のキャバクラの子の間では
よく知られてるようだ。


「お住まいは、この近く何ですか?」
「はい!◯◯(店名)のある、駅!」
「あー!よく知ってますね-!」


その店は、最近、というか何年か前に、
同じ駅前の別の場所に移転し、
強気な貼り紙は消えていた。


◆◇◆◇◆


美醜の感覚は人それぞれ。


失恋や仕事のストレス解消のために
通っている台東区千束の高級サウナでも
そんなことを僕はよく感じている。


(◯万円の店でこれかよ!)


不細工の基準は人それぞれだとしても、
デブは何センチ以上とか
基準あるでしょ、、、!

商品として女性を評価できる
風イ谷にという世界だけで
許される放言だ。


◆◇◆◇◆


とある高級サウナの
ホームページを見ていたら
「復帰」という文字が目に入った。


(あっ!何か見たことある写真!)


指名したこともない女の子だけど、
こういうのを見ると前の指名嬢が、
復帰していないか気になってしまう。
もし復帰してたとしても、
僕には新しい指名嬢が。


仕事と家庭、夢と恋人、A嬢とB嬢。


どれも僕には大切だけど、
両方は選べない。

広告を非表示にする
【スポンサーリンク】