怪獣ヒロンの「こんな私を笑って」

日々の記録を(ウェッブ広告と)写真と共にお届けします。


【スポンサーリンク】

芋ねーちゃん

ストレス解消等の理由で、数年前から台東区千束の高級サウナに通っている。

同じくらいの時期から「性風イ谷が貧困女性のセーフティネットになっている」というニュースを目にするようになった。若い内はそれで助かるかも知れないが、年を取って性風イ谷で働けなくなったら、どうするのか。それでもセーフティーネットと呼べるのだろうか。そんな疑問を感じたが、世の中には熟女店やらなんやら、色々な種類の店があるから、僕の疑問というのは稀有かも知れない。

そんなことを考えながら、デパートへ向かって歩いていた。


https://www.instagram.com/p/BIcUFykAkfC/
▲途中でポケモンストア発見


何のためにデパートへ向かったかというと、指名するサウナレディへの差し入れを買うためだ。とある店で芋ようかんを購入した。指名嬢は芋のお菓子が好きだと言っていた。

そういえば以前にも、芋のお菓子が好きだというサウナレディを指名していたことがある。ちょうど台東区千束に通い始めた時だった。毎回、芋のお菓子を差し入れていた。ケーキ、スイートポテト、大学芋等。その指名嬢が好きな芋のタルトをワンホールもらったこともあった。金持ちでなくてもサウナレディからものをもらえて、何だか感動したのを覚えてる。

その指名嬢は、とっくにお店を辞めており、2度と会うことはないと思う。けれど、芋を見る度に、その子ことを思い出すだろう。あれっ?でも、今の指名嬢も芋が好きだから、2人同時に思い出すのだろうか。どちらも良い子だから、1人を選ぶことはできない。

広告を非表示にする
【スポンサーリンク】