怪獣ヒロンの「こんな私を笑って」

日々の記録を(ウェッブ広告と)写真と共にお届けします。


【スポンサーリンク】

養成所

https://www.instagram.com/p/BDXFUknPhwF/


「予約時間の1時間前にもう一度お電話いただけますか?」


明日、台東区千束の高級サウナに行く。高級サウナの送迎車の待ち合わせ場所である駅まで自宅からおよそ1時間。電話してから家を出たら間に合わない。乗り換え駅で下車した時、そこから電話することになるだろう。


「本日のー!○時の回ー!○○さんで予約お願いしたー!宮崎ですけどー!」


できるだけ駅の中で静かな場所を探さないといけないな。さもなければ、高級サウナのボーイさんに、ものすごく高級サウナに気合い入れた人と思われてしまう。気合い入れてるのは事実なのだが。直前にケツ毛剃っていくし。気合いだ、気合いだ、気合いだーーー!もし風イ谷通いの養成所があったら、確実にそこに通っていたと思う。プロレスの世界でいうところのアマニル濱口ジム的な?みたいな?そこで何を学ぶのだろうか。そこまで考えて、このブログ書いてない。

高級サウナには、仕事のストレスや失恋の傷 このブログのアクセス数の少なさ等を癒すために通っている。実際、癒されているのかわからない。何だか知らないけど散財してる、これが1番危険な思考だと思うんだけど、なんかそれをしてるような気がする。高級サウナに通う理由や圧倒的なメリットが欲しい。どこかに、風イ谷通いの養成所でもないだろうか。そこで何かを教わりたいんだけど。

広告を非表示にする
【スポンサーリンク】