怪獣ヒロンの「こんな私を笑って」

日々の記録を(ウェッブ広告と)写真と共にお届けします。


【スポンサーリンク】

欠落した感性

https://www.instagram.com/p/4JZgmVvh7V/


「新人の○○さん!
 アクセスランキング1位!」


とある高級サウナのホームページに
そのような紹介文が掲載されていた。
恐らくそのアクセス数の3分の1は
僕からのアクセスだと思われる。


暇さえあれは写メ日記をガン見してる。


風イ谷嬢の営業用ブログを
ネットウオッチしているけど
最近は来店したお客さんへの
メッセージみたいなのが増えた。
あと差し入れの写真とか。

純粋に日記ブログとして、
それらを楽しんでいた身としては
その状況の変化に少々戸惑いを感じる。


来店のお礼とかどうでも良い。
君たちの食べたものを教えてくれないか。


◆◇◆◇◆


会社の後輩(三十代半ば、女性)が婚活をしている。


誕生日が近いようでラインの
1行メッセージみたいなところに
そのことが記載されていた。
プレゼントを狙っているのだろう。


「金の亡者!!!乞食!!!」


お金とモノを与えられることでしか
愛情を感じられない感性に何となく
違和感を感じざるを得なかった。

運良く結婚したとして旦那が病気か
何かで働けなくなったらどうするのか。
以前、そのことについて尋ねたところ、


「実家に帰らせていただきます。」


との回答が。

マジならば薄情すぎるし、
冗談ならばつまらなすぎる。
何ともいえない気持ちにさせられた。


それは僕の自由恋愛に対する
情熱を奪うに十分すぎる言葉だった。


◆◇◆◇◆


台東区千束の高級サウナ、サイコー!


筆者も今年年男だ。
同世代の独身女性は何らかの
欠落した感性を持ち合わせているに違いない。

それなら台東区千束の高級サウナで
擬似恋愛していた方が満たされるのでは。
この感性も欠落していると言えるが、
僕の頭の中を支配しつつある。


もう何を言いたいのか分からなくなった。

広告を非表示にする
【スポンサーリンク】