怪獣ヒロンの「こんな私を笑って」

日々の記録を(ウェッブ広告と)写真と共にお届けします。


【スポンサーリンク】

パッキン☆見つかった!

https://www.instagram.com/p/BBG3gp8vh3V/


大切なものは強く掴んでいないとすり抜けていく。


恋愛が教えてくれた数少ないことのひとつだ。
しかし、それに気付いた時、大切なものは、
既に僕の手をすり抜けた後だった。


今の僕にとって大切なもの。


それはマグカップ代わりに使っている
サーモスというメーカーのフードコンテナだ。
眠気覚ましのブラックコーヒーを入れて飲む。

そんなフードコンテナの蓋についてる
パッキンが昨日から行方不明になっていた。
大切なものはいつも僕から離れていく。

女は裏切るけどパッキンは裏切らない。
そう強く信じたのに!何で?!
俺じゃダメなの!?

俺、パッキンに相応しい男になるよ。
それまで待っていてくれないか。


◆◇◆◇◆


パッキンは他人のマグカップの下にありました。


あー、まじ見つかって良かったわ。
もしパッキンが見つからなかったら、
今日も仕事が手につかないとこだったわー。


安心したところで、明日行く高級サウナへ
前日確認の予約電話を入れた。


「明日の18時30分の回でお願いしております宮崎と申しますが。」
「宮崎様・・・しょ、少々お待ちいただけますか。」


電話越しにボーイさんが
焦っているのが伝わってきた。
こりゃ、予約取れてねーな。

一難(パッキンが無くなる)去ってまた一難。
まったく。人生ってヤツに舗装路は無いのだろうか。
パッキンも無くさない、風俗の予約ミスもない、
そんな平坦でつまらない人生で僕は満足なのに。


◆◇◆◇◆


「大変申し訳ございません・・・」


僕の予想は的中した。
明日の予約は取れていなかった。

しかし、今日の天気予報は雨のち雪。
多少のキャンセルが出ることを考えて、
すぐにキャンセル待ちのお願いをした。


雪よ降れ!雪よ!


パッキンのことが済んだら、
今度は風俗のキャンセル待ちのことで
頭がいっぱいになり仕事が手に付かない。
恐らく、スキー場関係者の次くらいに
雪のことを考えていると思う。


この思い、何か知らんけど、どっかに届け。

広告を非表示にする
【スポンサーリンク】