怪獣ヒロンの「こんな私を笑って」

日々の記録を(ウェッブ広告と)写真と共にお届けします。


【スポンサーリンク】

なぜラグビージャージはピチピチなのか?

「いい身体してますね!柔道か何かやってたんですか?」と

聞かれるたびに「高校のころにラグビーを」と答える筆者です。

現在はラグビーに触れる機会は特にありませんが・・・

 

それでも、ラグビーワールドカップが盛り上がっていて、

多くの人がラグビーの試合を目にしてくれているのは

経験者としてはとてもうれしい限りです。

 

そんなラグビーですけど、ラグビーのユニフォームが

ピチピチだったり、襟が無いように見えたり、

従来のイメージと違ってると感じる人も多いのでは。

 

 ▼一般的なイメージのラガーシャツ

  

▼現代的なラガーシャツ

なぜピチピチなのか?

それは相手にジャージを掴ませないようにするためです。

 

こちらのページによるとピチピチジャージの先駆けは、

2003年ごろということですが、既に自分が高校でラグビーをやっていた

1996~1998年頃にはピチピチのジャージを着ていたように思います。

 

rugbynomikata.info

 

同様の理由で襟も小さくなっていったと思われます。

当時、襟を内側に折ってジャージを着たこともあるのですが、

審判によっては襟を外に出すように注意する審判もいました。

 

▼現代的なヘッドギア。クッションが細かく分かれている。 

ミズノ(MIZUNO) ヘッドギア 14TA80 09 ブラック L

ミズノ(MIZUNO) ヘッドギア 14TA80 09 ブラック L

 

 

振り返ると、ヘッドギアやパッド入りのアンダーウェアが

登場し始めたのも同じくらいの時期だったと記憶してます。

シンビン制度が導入されたのも同じ時期???

 

すごい時期にラグビーやってたんだな・・・!

広告を非表示にする
【スポンサーリンク】